噛むと歯が痛い!虫歯でないのに歯が痛む、歯根膜炎・歯根破折とは|症状と原因および対処法を徹底解説

歯が痛い・・・

そのようなとき、誰もが真っ先に思い浮かべるのは「虫歯」の存在です。
虫歯であれば、歯医者さんに診てもらえば、簡単に歯が痛い原因を突き止めることができるでしょう。

しかし、問題となるのは・・・
「虫歯じゃないのに歯が痛い
という状態に陥ってしまったときです。

虫歯が見つからないのに、食べ物を噛むと歯が痛い。
あるいは、カチッと歯を噛み合わせるだけでも痛む。
すでに歯の神経を取っていて、被せ物をしているのにも関わらず、噛むと歯が痛い──というケースもあります。

このような場合、考えられる主な原因は2つあります。

1つは、歯根膜炎
もう1つは、歯根破折です。

この記事では、「噛むと歯が痛い」という症状を引き起こす、この2つの問題について、その原因や治療法などを詳しく解説したいと思います。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

歯根膜炎とは?発症の原因と治療法について

天然歯の根の部分を「歯根」と言いますが、この歯根は「歯根膜」と呼ばれる組織に覆われています。
この歯根膜が「強い刺激を受ける、あるいは細菌感染する」などして炎症を起こした状態が、「歯根膜炎」です。

歯根膜炎を発症した場合、その歯で食べ物を噛むなどしたときに痛みが生じます。
症状がそれほど進行していない場合は、歯を使わないときは痛みがありませんが、「歯が浮く」などの違和感を覚えることがあります。

抜髄処置を行っている、いわゆる「神経をとっている歯」の場合でも、歯根膜炎を発症すると痛みが生じます。

歯根膜炎を発症する原因は?

歯根膜炎を発症する原因は様々ですが、例としては次のようなものが挙げられます。

・虫歯や歯周病などにより、歯根膜が細菌に感染した。
・抜髄処置により歯根膜が刺激された。
・誤って骨などの固い物を噛んでしまった。
・四六時中ガムを噛んだり、噛み応えのある物を好んで食べるなどして、歯に負担をかけ過ぎた。
・日常的に歯を噛み合わせる癖がある(TCH)。
・睡眠中に、歯ぎしり(プラキシズム)や、歯を強く噛み合わせるなどの癖がある。

歯根膜炎の治療法について

外部からの刺激や負荷を原因とする歯根膜炎の治し方

歯根膜炎が細菌感染ではなく、「外部からの刺激や負荷」により引き起こされている場合は、有効な治療法が存在しません
とにかくその歯を安静にし、できる限り負荷をかけないことが必要です。
睡眠中の食いしばりや歯ぎしりなどの癖がある場合、ナイトガード(マウスピース)などの使用が推奨されます。

痛みがあるうちは固い食べ物を口にしないことが原則です。
また、おやつや夜食などは、歯を使わずに食べられるもの(チョコレートやゼリー、アイスクリームなど)を選ぶようにして、「歯を使わない時間」をできるだけ長く確保することが大切です。

歯根膜炎を発症すると、ついつい「少しは良くなったかな」と、状態を確かめたい気持ちが湧いて、舌で触ったり、歯を噛み合わせたり、指で押したりして、痛みの程度を確認したりしがちです。
しかしこうした行為は、炎症箇所を刺激し、治癒を遅らせる原因となりますので注意が必要です。

細菌感染を原因とする歯根膜炎の治し方

歯根膜炎が細菌感染により引き起こされている場合は、その原因疾患の治療が必要不可欠となります。
刺激による炎症とは異なり、細菌感染による炎症は、その原因を除かない限り完治することがありません。

歯の神経が腐ってしまっている場合は、抜髄、すなわち根管治療が必要です。
その後は必要であれば、歯周病の治療や予防、抗生剤(抗生物質)や鎮痛剤の服用などを行いつつ、経過観察します。
根管治療が適切に行われており、かつ歯周病の問題がないのであれば、時間の経過により歯根膜炎の症状緩和が期待できます。

なお、抜髄処置により歯根膜が刺激され、炎症が発生することもありますが、この場合は数日から数週間で症状が治まるとされています。

歯根破折とは?発症の原因と治療法について

歯根破折とは、歯の根の部分である「歯根」にヒビが入ったり、割れてしまった状態のことを指します。

歯根破折は、歯に強い負荷を与えることで発生します。
神経をとった歯は、栄養が供給されず脆くなってしまうため、特にこの歯根破折が発生しやすくなります。

その他にも、ブリッジの土台となっている歯は日常的に強い負荷を受けることになるため、歯根破折を起こすリスクが高いとされます。

歯根破折の症状とは

歯根破折の初期症状は、歯根膜炎の「噛むと歯が痛い」という症状と、非常に良く似ています。
また、初期の歯根破折は、レントゲンやCTなどでも病変を発見できないケースが少なくありません。
そのため、歯科医でも「初期の歯根破折」か、歯根膜炎か──の判断を行うことは難しいとされます。

歯根破折の症状が進行すると、患部から膿が生じ、それはやがて「歯茎の腫れ」としてあらわれてきます。
このころになると、レントゲンやCTなどで破折を発見しやすくなりますが、同時に症状が深刻であることも示しています。

歯根破折は放置しておくと、細菌感染が進行して歯の周囲の骨が溶けていってしまいますので、できるだけ早い段階で破折を発見し、対処を行うことが望まれます。

歯根破折の治療法について

歯根破折が発覚した場合、抜歯をして、ブリッジやインプラントなどの義歯を装着する施術を行うことが一般的です。
しかし、対処法はそれだけではありません。

例えば、次に挙げるような施術に成功すれば、義歯ではなく、自分の歯を維持することが可能になります。
※これらの施術は、非常に手間がかかり、熟練を必要とするため、手がけている歯科医は多くありません。

意図的再植法
自家歯牙移植

以下に、これらの治療法について解説を行いたいと思います。

意図的再植法

意図的再植法とは、歯根破折を起こしている歯を一度抜歯して、破折箇所を特殊な接着剤で修復し、元の場所に戻すという治療法です。

単根の歯(歯根が枝分かれしていない歯)であれば、成功率は高いとされます。
しかし、歯根が枝分かれしている大臼歯(6,7番の歯)などは抜歯もスムーズにいかず、成功率は低いとされます。

意図的再植法は原則として保険が効かず自費診療扱いとなりますが、特例もあるとされます。
※特例・・・歯根端切除手術をすでに行っている、あるいは歯根端切除手術が困難である場合など。

自家歯牙移植

自家歯牙移植は、歯根破折を起こした歯を抜歯し、そこに親知らずなどを移植するという施術です。
成功率は経験豊富な歯科医でも8割程度、10年生存率は7割程度とされます。
歯根破折を起こした歯と、親知らずの抜歯を同時に行う場合、保険診療が認められる可能性があります。

自家歯牙移植については、次の記事においても解説していますので、参考にしてください。

親知らずが痛い!抜歯のリスクやデメリット、痛みについて徹底解説

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする