顎関節症の原因と症状:顎の痛みや異音の治し方は?何科へ行くべき?

大きく口を開けると、顎からバキッと音が鳴る・・・。

これは、「顎関節症」の典型的な症状の一つです。
こうした異音に、顎の痛みを伴うことも珍しくありません。

ごく軽度の顎関節症であれば、自然に症状が解消されるのを待つ──いわゆる自然治癒を期待することもできます。

しかし、顎の異音の他に「顎が痛い」「口が開きにくい」といった症状が顕著な場合は、なんらかの治療が必要とされる状態です。
こうした状態を放置しておくと、後述する様々な症状が引き起こされる可能性が強まります。

また、顎関節症の進行により、「顎の骨の歪みや変形、顎周辺の筋肉バランスの崩れ」といった現象があらわれた場合、「顔の歪み」などの審美的な問題も引き起こしかねません。

こうした観点からも、顎関節症は症状が軽い段階で、できるだけ早く治療を済ませておくべき病気と言えます。

この記事では・・・

・顎関節症の症状と原因。
・治療方法。
・自分でできる予防法および症状の改善方法。

などについて、詳しく解説をしていきたいと思います。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

顎関節症の代表的な症状とは

顎関節症の代表的な症状には、次のようなものがあります。

・口を動かすと、顎関節から音がする。
・口を動かすと、顎が痛い(顎の付け根が痛い)。
・口が開かない、開きにくい。

また、こうした主症状の他に、次のような症状が併発する場合があります。

・頭痛が痛い(こめかみが痛い)。
・首が痛い。
・背中が痛い。
・肩こり。
・耳鳴り。
・めまい。
・食べ物が飲み込みにくい。

これらの症状のうち、「軽度の顎関節症の症状(初期症状)」として挙げられるものが、口を大きく開けたときに音が鳴る「関節雑音」です。
あらわれている症状が、この関節雑音のみであり、痛みも伴わず、口を動かしたときの違和感もない──そのような場合は、特別な治療はせず経過観察を行うのが一般的とされます。

しかしその場合でも、後述する「顎関節症の要因となり得る生活習慣」を、日々の生活から排除していくことが望ましいでしょう。

顎関節症を発症する原因とは

顎関節症を引き起こす有力な要因には、「生活習慣」があると言われています。
以下に、その具体的な例を挙げてみましょう。

顎関節症の要因となり得る生活習慣

・食事の際、歯の片側でばかり噛む癖がある(偏咀嚼)。
・歯を食いしばる、あるいは歯ぎしりなどの癖がある(睡眠中における無意識の動作も含む)。
・頬杖をつく癖がある。
・姿勢に問題がある状態で、長時間のデスクワークを行っている。
・寝方に問題がある(うつ伏せ寝や、横向き寝など)。
・寝転がってテレビを見たり、本を読んだりする癖がある。

このように、「顎の骨や筋肉に、過度な負荷をかけたり、アンバランスな力を加えて歪みを生じさせたりするような生活習慣」が、顎関節症を引き起こす主要な要因であると言われています。

顎関節症を引き起こすその他の要因

次に、「生活習慣以外の」顎関節症の発症要因を挙げてみましょう。

・外部から顎に強い力が加わった(外傷など)。
・入れ歯が合っていない。
・精神的ストレス。
・歯の噛み合わせに問題がある。

この最後の要因の「歯の噛み合わせに問題がある」という因子については、もう少し詳しく解説をしたいと思います。

顎関節症と歯の噛み合わせの関連性について

歯の噛み合わせの問題として代表的なものには、次のような「不正咬合」があります。

反対咬合(受け口)

反対咬合とは、上下の歯を噛み合わせたときに、下顎の前歯が上顎の前歯がよりも前に出る状態のことです。
つまり、噛み合わせたときに「顎が突き出た状態」になります。
不正咬合としては、最もメジャーなものの一つと言えます。

交叉咬合(クロスバイト)

交叉咬合とは、「噛み合わせの左右のずれ」が発生している状態です。
正しい噛み合わせは、「上顎の奥歯が下顎の奥歯よりも、若干外側に位置する状態」なのですが、交叉咬合の場合は、左右どちらかの上顎の奥歯が、下顎の奥歯の内側に位置しています。

過蓋咬合(オーバーバイト)

過蓋咬合とは、「噛み合わせが極端に深い」状態のことを指します。
正しい噛み合わせは、「上顎の前歯が、下顎の前歯に浅くかぶさっている状態」なのですが、この噛み合わせが極端に深くなってしまった状態が、過蓋咬合です。

これら不正咬合に代表される「歯の噛み合わせの問題」は長らく、顎関節症を引き起こす「主要な」要因であると考えられていました。

しかし近年では、この噛み合わせの問題は数ある顎関節症の発症要因の一つに過ぎない(“主要な要因”と見るべきでない)とする説が有力になりつつあるようです。

これは、「歯列矯正や歯を削って噛み合わせを治す治療」が、後述する他の顎関節症の治療法と比べて、症状改善に大きな効果を挙げていないためです。

顎関節症の治し方

スプリント(マウスピース)を用いた治療

顎関節症の治療法として代表的なものに、「スプリント」を用いた治療があります。
スプリントとは、「医療用のマウスピース」であり、歯の食いしばりや歯ぎしりなどの負荷を低減するとともに、噛み合わせを調整して、顎の骨や筋肉の負担を和らげる効果があります。

スプリントは主に睡眠中に使用します。
睡眠中の数時間、顎の骨や筋肉がリラックス状態を維持できることにより、顎関節症の症状の改善効果が期待できます。

このスプリント治療により、顎関節症を患う人の大半に、症状の改善が確認できるとされます。

近赤外線レーザーを用いた治療

顎の筋肉の過度の収縮、すなわち「凝り」が顎関節症の要因と見られる場合、患部に近赤外線レーザーを照射して血流の改善を促すことにより、症状の改善を図るというアプローチがあります。
こうしたレーザー治療は、上述のスプリントを用いた治療と併用されることが多いでしょう。

歯列矯正等による治療

スプリントやレーザーを用いた治療を行ったが症状の改善が見られず、かつ不正咬合を始めとする噛み合わせの問題が顕著である場合は、歯列矯正や歯を削ることで、症状の改善を図るアプローチが考えられます。

しかし、歯列矯正は非常に時間のかかる治療であり、一度施術を受けたら「元に戻す」ということもできません。
歯を削る場合は短時間で済むでしょうが、こちらもやはり、「元に戻す」ということはできません。

そもそも、噛み合わせの問題が解消されたからといって、必ずしも顎関節症が治るというわけではありません。
逆に、「歯列矯正を行った結果、顎関節症を発症した」と訴える人も存在します。

このような理由から、顎関節症の治療として歯列矯正等を行うことは、「第一の選択肢」として選ぶべきものではない──とされるのが一般的です。

顎関節症になった人・疑いのある人が心掛けるべきこと

顎関節症は、日々の生活習慣を改めることで、症状を改善させることや悪化を防ぐことが十分に可能です。
以下に、その実践例を挙げてみましょう。

・食べ物は両方の歯をバランス良く使って食べる。
・歯を食いしばる癖を改める、睡眠中に歯ぎしりなどしていないかチェックする。
・頬杖はつかない。
・デスクワークなどで同じ姿勢を長時間とる場合は、姿勢を正すよう意識する。
・寝る時は仰向け寝を心掛ける。
・寝転がって本を読んだり、テレビを観たりしない。

また、顎に痛みがある場合は極力、顎に負担をかけないようにすることが大切です。
柔らかいものを食べるようにして、痛みが治まるまで、顎を安静にしてあげましょう。

そのほかには、顎の筋肉をマッサージすることが症状の改善に効果的です。
痛みの出ない範囲で口を開き、顎周辺の筋肉を、指先や指の関節部分を使って揉みほぐしてあげましょう。
顎の筋肉は凝り固まってしまいやすい部位であり、そのことが顎関節症の症状を引き起こしていることも考えられます。

顎関節症の疑いがある場合は、何科へ行くべき?

自分は顎関節症かもしれない──。

そんな自覚があっても、「何科へ行けば良いのだろう」と悩んでしまう方もいるかもしれません。

顎関節症の疑いがある場合は、次の科が設けられている病院やクリニックを受診することが一般的です。

・一般歯科
・口腔外科(こうくうげか)
・補綴科(ほてつか)

また、「日本顎関節学会」から「顎関節症の専門医」として認定されている医師の診断を受けると、適切な治療を受けられる可能性を高めることができるでしょう。
※日本顎関節学会のホームページにて、認定医の氏名を確認することができます。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする