腱鞘炎の治し方:手首や指が痛い!サポーター・テーピングで症状改善

「最近、手を動かすと手首に痛みが走るようになった」

「親指の曲げ伸ばしに、強い痛みが伴うようになった」

あなたがそんな状態にあるとしたら、それは「腱鞘炎」を患っている可能性が強くなります。

腱鞘炎を発症すると、手を動かすたびに痛みに煩わされ、ストレスは溜まり、日常生活にも支障をきたすようになってしまいます。

この記事では、腱鞘炎とはいったいどのような症状で、治し方にはどのような方法があるのか、といったことを、詳しく解説していきたいと思います。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

腱鞘炎とはどんな症状?腱鞘炎になる原因は?

腱鞘炎という言葉の「腱鞘(けんしょう)」とは、「腱」の位置を固定するための組織のことです。

この「腱鞘」に支えられているからこそ、わたしたちの腱は、筋肉や骨を動かすという役割を果たすことができています。

そして、この腱鞘が何らかの原因で炎症を引き起こしてしまった状態が「腱鞘炎」です。

腱鞘炎は、日常的に手首や指を酷使する人が主に発症します。
また、ホルモンバランスの乱れも発症要因の一つとされ、妊娠・出産の前後や、更年期を迎えた女性などにも良く見られる症状です。
そのほかには、糖尿病を患っている人なども、腱鞘炎を発症しやすい傾向にあると言われています。

腱鞘炎が最も発生しやすい部位は、「手首と指」です。
以下に、それぞれの症状について解説をしてきましょう。

手首の腱鞘炎

手首の腱鞘炎は「ドケルバン病」と呼ばれる症状です。

このドケルバン病は、手首のあたりにある、「親指と繋がる腱、および腱鞘」が炎症を起こした状態を指します。
特徴として、手首や親指を動かすと、鋭い痛みが生じます。

パソコンのキーボード入力やマウス操作などを長時間行ったり、テニスやバトミントンなどのスポーツで手首を酷使したりすると、ドケルバン病を発症しやすくなります。

指の腱鞘炎

趣味や仕事などで、手指を酷使する人に発症しやすいのが、指の腱鞘炎です。

指の腱鞘炎は、症状が悪化すると「ばね指」と呼ばれる現象が発生することがあります。

ばね指とは、指の曲げ伸ばしに「引っかかり」が伴うようになる症状です。
この「引っかかり」は、炎症を起こして腫れあがった腱が、肥大化した腱鞘に引っかかることにより発生します。
指を動かす様子が、まるで「ばね」を弾くようであることから、この名称がつけられました。

なお、ばね指は主に、「親指」に発症することで知られています。

軽度の腱鞘炎の治し方

腱鞘炎は、症状が軽度であれば、患部を安静にしておくことで快方に向かうことが期待できます。

しかし、腱鞘炎は日常的な労働などで、負荷が積み重なった結果として発症するケースが多く、実際問題、「休むなんて言ってられない」という状況に置かれている人も少なくありません。

そうした人のために、少しでも腱鞘炎の痛みを軽くするためにできることを、以下に述べてみましょう。

腱鞘炎サポーターを利用する

腱鞘炎サポーターとは、手首や親指を固定し、痛みなどの症状を和らげるための製品です。

特殊なスプリント素材(ばね材)を利用して固定を行うものや、スチール製のプレートを用いたもの、水仕事も可能なゴム素材のものなどがあります。

様々な製品があるため、好みや用途にあったものを選ぶことが可能です。
腱鞘炎サポーターは、デパートやドラッグストアなどで販売されています。

テーピングで手首を固定する

テーピングの巻き方と、手の構造について知識がある方は、腱鞘炎サポーターではなくテーピングを利用するという選択肢もあります。

適切にテーピングを巻くことができれば、腱鞘炎サポーターを利用した場合より、しっかりと患部を固定することも可能でしょう。
また、テーピングと腱鞘炎サポーターを併用し、より強力に患部を固定する、といったことも可能です。

腱鞘炎が指に発生している場合は、指にテービングを巻きつけるだけで済みますので、比較的簡単です。

しかし、腱鞘炎が手首に発生している場合は、手首とともに「親指の固定」も必要とされる場合があり、指のテーピングほどには簡単ではありません。

巻きなおす作業も煩雑となるため、手首の腱鞘炎の固定には、仕事やスポーツなどで特別に強い負荷をかけざるを得ない、という場合でない限り、腱鞘炎サポーターを利用したほうが簡便でしょう。

重度の腱鞘炎の治し方

「ばね指」などの重度の腱鞘炎となると、腱鞘炎サポーターやテーピングなどにより患部を安静にしているだけでは、症状が改善しないことも多々あります。

このような場合は、整形外科などにて専門医の治療を受ける必要があります。

以下に、医師により一般的に行われる腱鞘炎の治療方法についてご説明しましょう。

消炎剤を用いた治療

腱鞘炎の治療として最も一般的なものは、消炎および鎮痛効果のある薬剤の処方です。
これらの薬剤は、塗り薬や湿布、内服薬として処方されます。

ただ、「重度の腱鞘炎」ともなると、消炎剤の処方だけでは症状の改善が見られないケースも少なくありません。
その場合は、次に述べる「ステロイド注射による治療」が行われることが一般的です。

ステロイド注射による治療

ステロイド注射は、重度の腱鞘炎の治療に広く用いられる施術です。
ステロイドを腱鞘に直接注射することで、患部の強い痛みを和らげます。
また、腫れあがった腱鞘や腱の炎症を鎮める効果も期待できます。

ステロイド注射による治療は、腱鞘炎を患う大半の人に、何らかの症状改善効果があらわれるとされます。

手術

前述のステロイド注射などの治療を行っても症状が改善されない場合、手術が検討されます。

主に行われるのは、腱鞘を切開し、炎症を起こしている腱が腱鞘に引っかからないように調整する手術です。
この手術は通常、10~15分ほどの短時間で終了します。

腱鞘炎を予防するには?

患部を安静にしたり、医師の治療を受けたりして、ようやく症状が落ち着きを見せたとしても・・・。
腱鞘炎となった原因を洗い出し、その対処法を考えなければ、腱鞘炎を再発してしまう可能性は高いと言えます。

以下に、腱鞘炎の予防のために有効な対策を解説しましょう。

ストレッチをする

腱鞘炎は主に、関節に強い力が加わったり、長時間にわたって緊張状態を維持したことにより発症します。
そのため、定期的に手首や指のストレッチを行い、腱鞘付近の筋肉や腱をリラックスさせてやることは、腱鞘炎の予防として効果的です。

ただし、すでに腱鞘炎を発症しており、患部を動かすと痛みがある場合は、安静第一です。
医師の指導がない限り、ストレッチは控えておきましょう。

キーボード入力やマウス操作の環境を変える

長時間にわたってキーボード入力やマウス操作を行う人は、腱鞘炎を発症しやすい傾向にあります。
しかし、これらの作業が仕事などで必須とされる場合、作業時間を短くして負担を軽減することは難しいケースが大半でしょう。

そのような立場に置かれている人は、キーボード入力やマウス操作を行う環境を変えることで、手首や指の負担を和らげることを検討してはいかがでしょう。

・キーボードにリストレストを導入し、手首の負担を和らげる。
・マウスを「トラックボール」などの、マウス本体を動かさずに済む機構のものに変えてみる。
・マウスパッドを「エアーパッド」などの、非常に滑りが良く、摩擦抵抗の少ないものに変えてみる。

こうした小さな負担軽減策の積み重ねは、腱鞘炎予防に少なからず貢献を果たすことでしょう。

腱鞘炎サポーターやテーピングを活用する

腱鞘炎サポーターやテーピングは、腱鞘炎の症状改善の目的だけではなく、予防のためにも利用できます。
手首や指に強い負荷がかかる作業を行う際に、前もってサポーターやテーピングで関節を保護しておけば、腱鞘炎予防のために大きな効果を発揮するでしょう。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする