ロタウイルス胃腸炎Q&A:症状や治療法、予防接種やワクチンなど

吐いた、下痢になった、熱が出た──。

赤ちゃんや小さな子供が、そのような状態に陥った場合・・・
それは「ロタウイルス」に感染した可能性が考えられます。

冒頭の症状は、ロタウイルスが引き起こす「感染性胃腸炎」の典型例です。

子供がこのロタウイルスに感染し、胃腸炎を発症してしまったとき・・・

親はどう対処すべきでしょうか?
治療や予防のためには、いったい何をすべきなのでしょうか?

この記事では、「ロタウイルスに感染すると、どのような症状が起こるのか」「治療や感染予防には何が必要なのか」といった事柄を、詳しく解説していきたいと思います。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

ロタウイルスが引き起こす症状とは

上述の「ロタウイルス」によって発症する胃腸炎は、一般的に「ロタウイルス胃腸炎」と呼ばれています。

ロタウイルス胃腸炎の主な症状には、次ようなものが挙げられます。

・発熱
・嘔吐
・水下痢
・痙攣

発熱や嘔吐は、2,3日で症状が鎮まることが一般的です。
しかし水下痢については、一週間近く続くことも珍しくないため、後述する脱水症状の対策が必要とされます。

これらの症状に加え、脳症や脳炎、腎不全といった合併症を引き起こすこともあるため、ロタウイルスに感染した際は慎重に経過観察を行う必要があります。

また、ロタウイルスにはワクチンが存在します。
事前に予防接種を行っておけば、ロタウイルス胃腸炎の予防にとても効果的です(予防接種については後述します)。

ロタウイルスの基礎知識Q&A

ロタウイルスが流行する季節は?

ロタウイルスは、風邪と同じく、冬などの乾燥した季節に流行する傾向があります。
そのほかには、3月から5月にかけての春先も、流行時期の一つです。

ロタウイルスに感染しやすい年齢は?

ロタウイルスは、5歳くらいまでの小さな子供が感染しやすいウイルスです。
低年齢であるほど、症状が重くなりがちですので注意が必要です。
大人も感染する可能性がありますが、症状はさほど重くならないケースが大半です。

ロタウイルスの潜伏期間は?

ロタウイルスは、感染から2,3日後に何らかの症状が出ることが一般的です。
初期症状としてあらわれやすいのは、嘔吐または下痢です。

なお大人の場合は、免疫の存在により症状があらわれないことも少なくありません。

ロタウイルスの感染経路は?

ロタウイルスは主に、経口感染によって感染するとされます。
ウイルスの保菌者が触れた食品などを口にしたりすると、感染の危険性が高まります。

また、保菌者の便には大量のロタウイルスが含まれているため、トイレなどがウイルス拡散の温床となることがあります。

ロタウイルス胃腸炎の完治にはどれくらいかかる?

ロタウイルス胃腸炎は、正しく対処すれば症状が重い場合を除いて、一週間程度で全快するケースが多いとされます。
保育園や幼稚園、小学校などへ復帰は、医師の指示を仰ぎましょう。

ロタウイルス胃腸炎の治療について

ロタウイルス胃腸炎の治療は主に小児科が担当します。

治療法は、「対処療法」が中心となります。
つまり、高熱が続く場合は解熱剤を、下痢がひどい場合は下痢止めの薬を処方するなどします。

ただ、下痢や嘔吐にはウイルスの排出を促す作用もあるため、むやみに止めないほうが良い場合もあります。
市販薬の下痢止め・嘔吐止めなどは使用せず、医師の指示に従いましょう。

ロタウイルス胃腸炎を発症した際に、最も気をつけなければならないことは、「脱水症状」です。

嘔吐や下痢などにより体内の水分が不足しがちになりますので、経口補水液(イオン飲料)などを適宜摂取する必要があります。
医師から具体的な指示がありますので、それに従いましょう。
※脱水症状の改善・予防には、スポーツドリンクよりも経口補水液の摂取が適しています。

嘔吐や下痢の症状がある程度落ち着いたら、胃腸に優しいものを、様子を見ながら少しずつ摂取してください。

ロタウイルスのワクチン予防接種について

ロタウイルスにはワクチンが存在するため、予防接種を行うことが可能です。
主に小児科にて受け付けています。

この予防接種により、ロタウイルスが引き起こす胃腸炎などの症状を予防する、あるいは症状を軽くすることができます。

主に、「ロタリックス」または「ロタテック」と呼ばれるワクチンが使用されます。
これらのワクチンは注射ではなく、経口摂取(シロップ)となりますので、子供に与えるストレスも小さなもので済みます。

なお、これらのワクチン接種の対象は、生後6週~32週の子供となります。
生後32週を超えてからのワクチン接種は、「腸重積」という病気の発症リスクが高まるとされます。

ワクチンの予防接種にて、ロタウイルスの感染を100%防ぐことはできませんが、重症化を防ぐ効果は十分に期待できます。

予防接種以外のロタウイルスの感染予防法は?

予防接種以外にも、日々の生活や習慣に気を配ることで、ロタウイルスに感染する危険性を低くすることができます。

以下に紹介する予防法は、ロタウイルス以外のウイルス(ノロウイルスなど)に対しても有効ですので、ぜひ毎日の習慣として取り入れてください。

ロタウイルスの感染予防のためにできること

・帰宅した際の手洗い、うがいを徹底する。
・冬場や春先などは、外出時にマスクを着用する。
・鼻や口もとに手で触れない。
・赤ちゃんのおもちゃ等は、こまめに消毒する(煮沸消毒がおすすめです)。
・空気清浄機を導入する。
・乾燥しているときは加湿器を使用して、部屋の湿度を上げる。

また、家族がロタウイルスに感染した場合は、トイレや嘔吐跡などを消毒する必要があります。

しかしロタウイルスには、アルコール消毒があまり効果的でありません。
煮沸消毒するか、次に述べる「市販の塩素系漂白剤を薄めた消毒液」を利用するのが効果的です。

塩素系漂白剤を用いた消毒液の作り方

塩素系漂白剤を薄めて作る消毒液には、濃度別に2つの用途があります。

濃度が高い消毒液は、便や吐しゃ物を掃除する際に用います。
濃度が低い消毒液は、台所まわりや、トイレの便座、ドアノブなどを消毒する際に用います。

それぞれの消毒液の作り方は、次の通りです。

濃度が高い消毒液の作り方(0.1%希釈)

用意するものは、次の3つです。

・空の2リットルペットボトル
・水
・「キッチンハイター」や「花王ブリーチ」などの、市販の塩素系漂白剤。※「次亜塩素酸ナトリウム」の濃度が5~6%の製品を選んでください。

消毒液の作り方は簡単です。
2リットルペットボトルに、1リットルの水を入れたのち、塩素系漂白剤を20ml(キャップ1杯)入れるだけで完成です。

この消毒液を含ませた使い捨てのペーパータオルなどで、便や吐しゃ物が触れた箇所を拭き掃除します。

濃度が低い消毒液の作り方(0.02%希釈)

用意するものは、上記の「濃度が高い消毒液の作り方」と同様です。

2リットルペットボトルに、満杯まで水を入れたのち、塩素系漂白剤を8ml(キャップ半分未満)入れるだけで完成です。

この消毒液は、台所まわりやトイレ・ドアノブの掃除など、汎用的に使用することができます。

「塩素系漂白剤を薄めて作る消毒液」の注意点

・この消毒液を作成および利用する際は、必ずマスクとゴム手袋を装着するなどしてください。
・作成した消毒液は作り置きせず、必要に応じてその都度作成するようにしてください(誤飲や、消毒力の低下を避けるためです)。
・身体を拭く用途には使用しないでください。
・使用時は部屋の換気に注意してください。

参考資料:花王株式会社

まとめ

ロタウイルスの感染力は非常に強力です。
どれだけ気をつけていても、感染の可能性をゼロにすることはできません。
しかし現在では、対処を誤りさえしなければ、重症化せずに完治に至ることがほとんです。

子供に嘔吐や下痢などの症状があらわれたら、可能な限り早く、医師の診察を受けることが大切です。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする