逆流性食道炎の症状と原因:市販薬は何が効くか、注意すべき食べ物は?

逆流性食道炎とは、胃液が逆流して食道に流れ込み、「食道の炎症」を始めとした、様々な症状を引き起こす病気です(胃食道逆流症とも呼ばれます)。

欧米ではこの病気を患う人がとても多いのですが、近年は日本でも、食事の欧米化やストレス要因の増加などにより、逆流性食道炎と診断される人が増えているようです。

もしあなたが・・・
「最近、吐き気を感じることが多くなった」
「喉に痛みや違和感がある」
「口の中が苦い」
などの不調に悩まされているのであれば、それは逆流性食道炎の初期症状かもしれません。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

逆流性食道炎の症状とは

逆流性食道炎の症状としては、次のようなものが挙げられます。

・胸焼け。
・吐き気(嘔吐感・逆流感)。
・口の中が苦い、すっぱい。
・胸の痛み。
・喉の痛み、かゆみ。
・頻繁なげっぷ。

冒頭で述べた通り、こうした症状は「胃液の逆流」によって引き起こされます。

胃液が食道の粘膜を傷つけ、それに対する反応として、胸焼けや吐き気、胸や喉の痛み、げっぷなどの症状が表われるのです。
また、食道から溢れた胃液が口の中にまで出てきてしまう状態が、呑酸(読み方:どんさん)です。
口の中が苦い、もしくは酸っぱいといった感覚は、唾液に胃液が混じってしまった結果として生じます。

逆流性食道炎が慢性化してしまうと、日常的に不快な症状に苛まれることになり、心身ともに大きなストレスを抱えてしまいます。

また、逆流性食道炎が悪化すると、食道がんなどの重篤な病気を引き起こすこともあります。

食事?ストレス?逆流性食道炎を発症する原因は

逆流性食道炎を発症した人たちに共通する特徴に、「胃の働きが弱まっている」ことが挙げられます。

健康な人に胃液の逆流が起こらないのは、胃と食道の境い目にある「括約筋」が、逆流を防いでいるからです。
逆流性食道炎を患っている人は、この括約筋の働きが不十分であるため、胃液が食道に流れていってしまいます。

よって、「胃の働きを弱めるような要因」こそが、逆流性食道炎の原因と言えるでしょう。
「胃の働きを弱めるような要因」とは、次のようなものです。

・暴飲暴食、あるいは脂肪分の多い食物の食べ過ぎ。
・お酒の飲み過ぎ(アルコールの摂取過剰)。
・精神的ストレス。
・加齢による内臓機能の低下。
・肉体的な疲労。

この他にも、肥満により腹圧が高まり、胃が圧迫されることによって逆流性食道炎に至ることもあります。

逆流性食道炎の診断と治療方法

逆流性食道炎の診断は、主に内視鏡検査(胃カメラ)によって行われます。
内視鏡検査により、食道の粘膜に炎症があったり、ただれていたりすることが確認できれば、逆流性食道炎と診断されます。

逆流性食道炎の治療には、主に「プロトンポンプ阻害薬(PPI)」が用いられます。
プロトンポンプ阻害薬とは「胃酸抑制剤」の一種であり、胃酸の分泌を抑え、逆流性食道炎の症状を和らげる効果があります。

しかしプロトンポンプ阻害薬の服用は、胃液の逆流それ自体を抑えることはできず、あくまで対症療法的なものです。

実際のところ、慢性的な逆流性食道炎の根治は「極めて難しい」とされているのが現状です。

逆流性食道炎と診断された場合は、普段から胃に負担をかけないことを心掛け、「病気と上手に付き合っていく」という姿勢を持つことも大切です。

逆流性食道炎の症状を緩和するために心掛けるべきこと

逆流性食道炎の症状を緩和するためには、まず上に挙げたような「胃の働きを弱めるような要因」を排除していくことが大切です。

食生活を改善したり、ストレス解消に努めたり。

その他にも、ちょっとした習慣や癖を改善することで、症状を緩和できる可能性もあります。

例えば、胸部や腹部を締め付けるような衣類を避けることなどが挙げられます。
近年はタイトなファッションを好む層が増えています。
そうしたファッションにより日常的に身体が圧迫されていると、胃腸に大きな負担をかけかねません。

その他にも、身体の姿勢を良くすることで、逆流性食道炎の症状を緩和できることがあります。

例えば、あなたは椅子に座っているとき、背中を丸めて座っていたりはしないでしょうか?
歩いているときや立ち仕事をしているとき、極端な猫背になっていたりはしないでしょうか?

こうした前かがみの姿勢は、胃を圧迫し、逆流性食道炎の症状を顕著にする要因ともなりかねません。
普段からできるだけ姿勢を正し、胃に負担をかけないようにすることが大切です。

逆流性食道炎の患者が知っておくべき食事方法や食べ物の注意点について

逆流性食道炎を患っている場合、基本的に、胃に負担をかける食べ物は控えるべきです。
以下に、それら「控えるべき食べ物」を具体的に挙げてみましょう。

消化に悪い食べ物

牛肉や豚肉などの肉類や、ラーメンなどの脂肪分の多い料理、コロッケ、トンカツ・から揚げ・エビフライなどの揚げ物──このような、消化に悪い食べ物は控え目にしましょう。

また、チョコレートなどの脂肪分が多いお菓子も、消化に時間がかかり、胃に負担をかけます。

酸っぱい食べ物

胃酸の分泌を促すような食べ物も、食べ過ぎには注意してください。
基本的に、酸っぱい食べ物は、胃酸の分泌を促進します。

ミカンやレモン、グレープフルーツなどの柑橘類や、クエン酸を豊富に含む梅干しなど、脳裡に浮かべただけで唾液が出てくるような食べ物には、特に注意しましょう。

刺激の強い食べ物

唐辛子などの刺激の強い香辛料が使われている料理は、胃に大きな負担をかけます。
こうした料理を食べる際は、事前に野菜などを胃に入れて、できるだけ刺激を抑えるようにしましょう。

刺激の強い飲み物

コーヒーなどのカフェインを含む飲み物、アルコールなどの刺激の強い飲み物は、胃酸の分泌を促進します。
コーラなどの炭酸飲料も同様です。

特に空きっ腹でこうした飲み物を摂取することは厳禁です。
刺激の強い飲み物を嗜む場合は、食事の終わりのささやかな楽しみとしましょう。

逆流性食道炎に効く市販薬は?

逆流性食道炎の治療には、医師の処方箋を用いることが最も安全で確実な方法です。

しかし、逆流性食道炎は数週間、数か月といった短い期間で治ることは稀な病気です。
年単位、あるいは一生、上手に付き合っていくことになる場合も珍しくはありません。

そうなると、薬が切れるたびに医師の診断を受け、処方箋をもらうことは、患者にとって大きな負担となるケースも出てくるでしょう。

そうしたときに頼りになるのが、逆流性食道炎に効く市販薬です。
以下に、逆流性食道炎に効く代表的な市販薬をピックアップしてみましょう。

キャベジン・コーワα

逆流性食道炎に悩みを抱える人たちに愛用されている市販薬の一つです(第2類医薬品)。

胃の粘膜を修復するとともに、生薬成分で胃を健康にする効果があります。
また、制酸剤が配合されているため、胃酸の分泌過剰を抑える効果もあります。

パンシロン

ロート製薬の第2類医薬品です。

胃粘膜を修復するとともに、メタケイ酸アルミン酸マグネシウムなどの成分で胃粘膜を覆い、胃を保護します。
胃痛や胃の不快感などの症状に、特に効果を発揮する市販薬です。

ガスター10(テン)

第1類医薬品の扱いで、胃液の分泌を抑える強い効果を持つ「H2ブロッカー」が配合された薬です。
この薬は、処方箋として出されることもあります。
その場合は、市販薬の「ガスター10」よりも、H2ブロッカーが多く配合されたものが主に処方されます。

ただ近年は、H2ブロッカー配合薬よりもプロトンポンプ阻害薬(PPI)の方が、逆流性食道炎の処方箋として出されるケースが多いと思われます。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする