手のしびれQ&A:手がしびれるのは病気?原因と対処法を徹底解説|小指や中指が痺れる原因は?肩こりも関係あり?

手がしびれる現象を引き起こす代表的な障害・病気には、次の4つが挙げられます。

1.手根管症候群
2.肘部管症候群
3.胸郭出口症候群
4.脳梗塞

この記事では、これらの障害・病気の原因や治療法について、詳しく解説をしていきたいと思います。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

1.手根管症候群による手のしびれ

手根管症候群の症状とは?

手根管症候群(しゅこんかん しょうこうぐん)とは、「正中神経」という、手の付け根のあたりにある神経が、何らかの要因により圧迫されることで引き起こされる障害です。

特徴的な症状として、人差し指と中指にしびれや痛みが生じます。
症状が進行すると、親指や薬指にも、しびれ・痛みが広がるほか、親指の付け根の筋肉の萎縮が起こります。
重症化すると、指の感覚が失われることもあるため、早期に治療を行うことが大切です。
また、早朝、寝起き直後などに症状が強く出ることがあります。

手根管症候群を発症する原因とは?

手根管症候群を発症するメカニズムは、現在でも詳しいことはわかっていません。
しかし、妊娠や出産、あるいは更年期など、「ホルモンバランスが崩れやすい時期の女性」が発症するケースが多いとされています。

また、手首を酷使する仕事やスポーツなどに取り組んでいる人なども、正中神経に過負荷がかかり、手根管症候群を発症することがあります。

そのほか、就寝時に手首を折り曲げて寝る癖があることが、手根管症候群を発症する原因となることもあります。

手根管症候群の治療法は?何科にいくべき?

手根管症候群の治療は、主に整形外科医が担当します。
症状が軽度である場合、次のような治療が行われることが一般的です。

・消炎鎮痛剤やビタミン剤の処方。
・装具(サポーター)による患部の固定。
・患部へのステロイド剤の注射。

手根管症候群の症状が重度である場合、あるいは上記の治療を行っても改善がみられない場合は、正中神経を圧迫している要因を除去する外科手術などが検討されます。
この手術では主に、正中神経を覆っている靭帯の切離が行われます。
手術後は握力の低下などの後遺症があらわれますが、半年ほどで元の状態に戻るケースが多いとされます。

2.肘部管症候群による手のしびれ

肘部管症候群の症状とは?

肘部管症候群(ちゅうぶかん しょうこうぐん)とは、前腕の内側にある「尺骨神経」という神経が、何らかの要因により圧迫・牽引されることで引き起こされる障害です。

特徴的な症状として、薬指や小指、前腕の内側がしびれる、あるいは痛みが生じます。
症状が進行すると、薬指と小指が「かぎ爪」状に変形することもあります。

肘部管症候群を発症する原因とは?

肘部管症候群は、仕事やスポーツなどで腕や肘を酷使する人に多く見られる障害です。
日常的に肘周辺に強い負荷をかけていると、肘周辺の骨や靭帯などの組織が変形を起こし、尺骨神経を圧迫・索引し、肘部管症候群を発症する原因となります。

また、怪我や加齢によって肘周辺の組織が変形し、尺骨神経に悪影響を及ぼすこともあります。
その他には、「ガングリオン」と呼ばれるできものにより、尺骨神経が圧迫され、肘部管症候群が引き起こされることもあります。

肘部管症候群の治療法は?何科にいくべき?

肘部管症候群の治療は、主に整形外科医が担当します。
症状が軽度であれば、消炎鎮痛剤などの処方や、神経ブロック注射などの薬物治療を行い、様子を見ることが一般的です。

改善が見られない場合、あるいは症状が重度である場合は、外科手術により尺骨神経を圧迫・牽引している要因を取り除く必要があります。

3.胸郭出口症候群による手のしびれ

胸郭出口症候群の症状とは?

胸郭出口症候群(きょうかくでぐち しょうこうぐん)とは、胸郭出口と呼ばれる、肩口周辺に存在する神経や血管が、何らかの要因により圧迫され、腕にしびれや痛みを引き起こす障害です。
片手だけではなく、両手ともに症状があらわれることも珍しくありません。

重い物を持ち上げたり、腕を高く挙げる動作を行うなどすると、しびれや痛みの症状が顕著にあらわれます。
また、肩こりや頭痛、めまいや吐き気といった症状が伴うこともあります。
症状が重度になると、安静にしていても胸郭出口周辺の神経や血管が圧迫された状態となり、上述の症状が慢性化します。

胸郭出口症候群を発症する原因とは?

胸郭出口症候群は、肩周辺の筋肉や骨格の問題により引き起こされることが多いとされます。
普段の姿勢が猫背であったり、肩周辺の筋肉が衰えていたりすると、鎖骨が下がり、胸郭出口周辺の神経や血管を圧迫してしまいます。
痩せ形で首の長い、撫で肩の女性などは、特にこうした要因の影響を受けやすいとされます。

また、バレーボールやラケット競技の選手など、腕を高く挙げる動作を頻繁に行う人の中にも、胸郭出口症候群を発症するケースが多く見られます。
これは、骨や筋肉、靭帯などが発達・変形し、胸郭出口周辺の神経や血管を圧迫するためと言われています。

胸郭出口症候群の治療法は?何科にいくべき?

胸郭出口症候群の治療は、主に整形外科医の担当になります。
治療内容としては、次のようなものが一般的です。

・僧帽筋や肩甲挙筋を鍛える運動療法。
・筋肉や靭帯の凝りをほぐすリハビリ療法。
・消炎鎮痛剤やビタミン剤の処方。
・サポーター(バンド)を利用した姿勢の矯正。

症状が重い場合は外科手術が検討されますが、大半のケースにおいて、運動療法や姿勢矯正により症状は快方に向かうとされます。

4.脳梗塞による手のしびれ

脳梗塞が起こると、左半身か右半身のどちらかに運動麻痺が生じます。
ある日突然、片側の手足が広範囲にわたってしびれる、力が入らない、などの症状があらわれた場合は、脳梗塞を疑うべき事態です。

脳梗塞は、運動麻痺の他にも、次のような症状があらわれることが特徴です。

・ろれつが回らない。
・言葉がうまく出てこない。
・他者の言葉が理解できない。
・めまいがする。
・吐き気がする。
・まっすぐ歩けない。
・顔の半分が歪んでいる。
・目が見えにくくなる(二重に見える)。

手足のしびれに加えて、上記のような特徴があらわれている場合は、一刻も早く専門医の診察を受ける必要があります。
自分の足で病院へ向かうのではなく、119番に電話をして容態を説明し、救急車を手配してもらいましょう。

まとめ

長時間正座をしたり、おかしな姿勢で寝ていたときなどに、足や腕がしびれてしまうことは珍しくありません。
しかし、「何もしていないのに、手や足がしびれている」というケースであれば、できる限り早く、しかるべき医療機関にて診断を受ける必要があります。

「そのうち治るだろう」
「まだ症状が軽いから」
などと楽観的に構え、手がしびれる症状を放置してしまうことは、大変危険です。

上述した手根管症候群、肘部管症候群、胸郭出口症候群、脳梗塞などの障害や病気も、早期治療に取り組めば、後遺症を残さずに治すことが十分に可能です。
逆に言えば、症状が悪化してから治療に取り組んだ場合、保存療法が難しく、大がかりな手術が必要になってしまったり、後遺症が残るなどのリスクが高くなります。

日常生活において、極めて重要な役割を果たす手足の機能。
何らかの異常が見られる場合は、すぐに医師に相談をしてください。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする