銀歯が取れた時のQ&A:歯の詰め物が取れたときにすべきこと

ある日突然、銀歯などの歯の詰め物が取れてしまった・・・。

そのような事態に陥ってしまったとき、きっと誰もが、次のようなことを考えるでしょう。

「面倒なことになった」
「すぐに歯医者に行かなくては」

そしてそれと同時に、様々な疑問が頭に浮かんでくるはずです。

この取れた詰め物、どうしたらいいだろう?
忙しくてすぐに歯医者に行くのは難しい、どれくらい放っておいても平気なんだろう?

歯磨きはした方がいいんだろうか?
詰め物が取れた箇所が黒いのは虫歯だろうか?

この記事では、そのような「歯の詰め物が取れた人」が思い浮かべる様々な疑問について、詳しく解説をしていきたいと思います。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

取れた銀歯はどうすればいい?

銀歯などの歯の詰め物が取れた場合、第一にすべきことは、「銀歯の保管」です。

銀歯が入っていた箇所に虫歯がなく、取れた銀歯が欠けたりしていない場合は、その銀歯を再装着できる可能性があります。
再装着が可能であれば、「新たに型取りをして銀歯を再作成する」といった手間が生じないため、費用も治療に要する時間も、大幅に削減することができます。

銀歯の再装着の処置は、その銀歯を最初に入れた歯科医でなくても可能ですので、取れた銀歯を持ってすぐに最寄の歯科医に診てもらいましょう。

ただ実際のところ、取れた銀歯が再装着できるケースは多くありません。
銀歯が取れる最も多い原因は、銀歯と天然歯の境い目、あるいは銀歯で隠れていた部分の虫歯です。
虫歯が原因で銀歯が取れた場合は、その虫歯の治療後、詰め物(被せ物)を作り直さなくてはいけません。

銀歯が取れたとき、日常生活で気をつけることは?

銀歯などの詰め物が取れた歯は、その取れた詰め物が大きければ大きいほど、耐久性に難があります。
そのような歯で固い物を噛んでしまうと、歯が欠けてしまったり、折れてしまったりする危険性が生じます。

食事の際は、詰め物が取れた歯ではできるだけ噛まないようにして、さらに普段よりも柔らかい食べ物を選んで食べるようにしましょう。

銀歯が取れた箇所は、どのくらい放っておいても大丈夫?

詰め物が取れたとき、痛みや、冷たいものがしみるなどの症状が出ていない場合、ついつい1日2日と歯科クリニックへ行く予定を先延ばしにしてしまいがちですが、これはとても危険な行為です。

前述したように、深い虫歯を治療したあとの歯は、強い負荷がかかった際に歯が欠けたり折れたりするリスクが非常に大きくなります。
また、痛みや、冷たいものがしみるなどの症状が出ている場合、その状態を長い期間放置しておくと、歯髄炎や歯根膜炎といった炎症疾患を発症する原因ともなります。

銀歯などの歯の詰め物が取れた場合は、「放っておいても良い期間」などは存在せず、一刻も早く医療機関で受診すべき事態──と考えるべきです。

銀歯が取れたあとの歯磨きはどうすればいい?

銀歯が取れた箇所は、原則として、しっかりと歯磨きをするべきです。
ただし、痛みがあったり、水がしみたりする場合は、あまり無理をせず、優しく磨いて良くうがいをしましょう。
汚れているからといって無理に歯ブラシなどで刺激をしてしまうと、歯の神経や歯根膜が炎症を起こす可能性が生じます。

取れた銀歯をつける際、担当医が消毒や洗浄をしなかったことが気になる

詰め物が取れた歯を消毒・洗浄する場合、しみたり痛みが出たりする可能性が強いため、麻酔などの処置を考慮しなくてはいけません。
「飛び込みの患者にあまり手間をかけたくない」と考えている歯科医などは、最低限の処置(取れた詰め物の再接着)しか行わない場合も考えられます。

このようなリスクを避けるためには、事前に「詰め物が取れた歯の消毒・洗浄をして欲しい」旨を伝えるか、かかりつけの信頼できる歯科医に診てもらうことが必要となるでしょう。

銀歯の下に虫歯ができていた場合は、取れた銀歯はどうなる?

虫歯がある場合は、虫歯の治療後に型を取り直し、新たに詰め物を作成する必要があります。
そのため、それまで使っていた詰め物は廃棄することになります。

銀歯が取れた跡がすごく黒い!これって虫歯?

銀歯が取れた跡が変色している場合、虫歯の他にも、接着剤(セメント)が変色した跡である可能性があります。
異臭がする場合は虫歯の可能性が強くなります。

取れた銀歯を、応急処置でくっつけることはできないか?

旅行先などで銀歯などの詰め物が取れた場合など、応急処置として詰め物を元の位置に嵌め込むことができないか、と考える人は少なくないでしょう。

歯と詰め物の形状によっては、押し込めばうまく嵌って、なんとかなりそうな気配を感じることもあるでしょう。
また、市販の接着剤などを使って、自分の手で詰め物を再装着しようとする人もいるかもしれません。

しかし、こうした行為は非常にリスクが高いと言わざるを得ません。
食事中や睡眠中などに詰め物が取れて、飲み込んでしまったり気管に入ってしまったら一大事です。
また、食事中に応急処置をした詰め物が取れた場合、それを誤って噛んでしまって、歯を損傷してしまうことなども考えられます。

取れた詰め物は、応急処置でくっつけることなどは考えず、歯科医に診てもらうまで取れたままにしておくことが最善策です。

銀歯が取れたあとがすごく臭い!原因はなに?

銀歯などの詰め物が取れたとき、その歯がとても強く臭うことがあります。
この臭いの主な原因としては、細菌が繁殖していることが考えられます。

虫歯ができているか、虫歯になりかけていることが予想されますので、しかるべき治療、あるいは洗浄・消毒・プラークの除去等の検討が必要です。

インレー、アンレー、クラウン・・・ってなに?

なにかの拍子に取れてしまった銀歯。
その銀歯、「インレー」でしょうか?「アンレー」でしょうか?
それとも、「クラウン」でしょうか?

インレーとは、「小さな虫歯」の治療痕に詰める詰め物のことです。
虫歯治療として歯の一部を削った際、その凹部分に嵌めこむ銀歯やセラミックなどの詰め物を、インレーと呼びます。

アンレーとは、「大きな虫歯」の治療痕に詰める詰め物のことです。
虫歯が咬合面全体に及んでいる場合に、その治療痕を覆うようにして嵌め込む詰め物を、アンレーと呼びます。

クラウンとは、「差し歯(被せ物)」のことです。
根管治療などで歯を大きく削った際は、残った歯をすっぽり覆うような被せ物を作り、強力な接着剤で接着します。
この被せ物をクラウンと呼びます。

インレー・アンレーは「部分冠」、クラウンは「冠」とも呼ばれます。

これらの用語を知っておくと、歯科医の治療を受ける際にスムーズに話が進むこともあるでしょう。

銀歯などの詰め物が取れないようにするためには?

銀歯などの歯の詰め物が取れてしまう最も大きな要因は、虫歯です。
そのため、歯の詰め物が取れないようにするためには、「虫歯を作らないこと」が重要です。

詰め物と天然歯の境い目は小さな溝や段差があり、歯磨きをしてもプラークを落としにくい箇所になっています。
毎日丁寧に歯磨きをして、プラークを可能な限り除去するとともに、定期的に歯科医のメンテナンスを受けることが大切です。

また、キャラメルなどの「強い粘着力を持った食べ物」を詰め物をした歯で噛むと、詰め物の接着面に大きな負担をかけることになります。
キャラメルなどは食べないようにする、とまではいかなくとも、古い詰め物のある歯でそうした食べ物を食べるときは、詰め物が取れる危険性があることを頭の片隅に置いておくべきでしょう。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする