大腸ポリープQ&A:原因や症状、手術内容や切除後の食事について

近年、「大腸癌」を患う人の数は、男性・女性ともに増加傾向にあると言われています。

この大腸癌の厄介な点は、「初期症状があらわれにくい」という点です。
そのため、身体に何らかの異常があらわれ、検査を行ったときには、もう手の施しようがない状態だった──というケースが少なくありません。

そして、その大腸癌が発生する原因の一つに、「大腸ポリープ」があります。
大腸ポリープ自体は、身体に大きな害をもたらすことはありません。
しかし放っておくと、ポリープはどんどん成長し、やがては大腸癌へと変異する恐れがあります。
そのため、一般的に大腸ポリープは発見した時点で、切除手術を検討すべきとされています(ポリープの大きさにもよります)。

近年では、大腸ポリープの切除手術は「内視鏡手術」で行われることが一般的であり、手術時間は短縮され、患者の負担も小さなものになっています。

この記事では・・・

・大腸ポリープができる原因や症状。
・大腸ポリープ切除手術の内容。
・大腸ポリープ切除後の食事や運動、仕事復帰の目安。

などについて、詳しく解説を行いたいと思います。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

大腸ポリープとは?

大腸ポリープとは、その名の通り、大腸に発生する「できもの」のことです。
この「できもの」は、「腫瘍」「非腫瘍」の二種類に分類されます。

腫瘍

大腸ポリープの8割ほどは、この腫瘍(しゅよう)に分類されます。
腫瘍は、良性の腺腫(せんしゅ)と悪性のに大別されます。
良性の腺腫であっても、ポリープの大きさが1cmを超えるものは、癌化する危険性があるため、早期に切除することが望ましいとされます。
5mm未満の小さな腺腫の場合は、経過観察とするケースが少なくありません。

非腫瘍

非腫瘍(ひしゅよう)に分類されるポリープは、正常な細胞が隆起し、ポリープを形成している状態のことを指します。
代表的なものは、過形成ポリープ、炎症性ポリープ、脂肪腫などです。

これらの非腫瘍ポリープは癌化する危険性がごく僅かであるため、発見されても特別な治療が行われないことが大半です。

大腸ポリープがあると、どんな症状が出るの?

大腸ポリープは、腫瘍・非腫瘍にかかわらず、自覚症状がほとんどあらわれません。
そのため、定期健康診断における検便(便潜血検査)にて陽性となり、その後の精密検査(内視鏡検査)にて大腸ポリープが見つかる──という流れが一般的です。

しかし、大腸ポリープがあっても、検便(便潜血検査)にて陰性となるケースも多々あります。
確実に大腸ポリープの有無を検査するために、40代以降の方は年に一度は大腸癌検診を受けて、大腸の状態をチェックすることが推奨されます。
癌化しやすい大腸ポリープを早期に発見し、切除することができれば、大腸癌を発症するリスクを確実に下げることが可能です。

大腸ポリープができる原因は?

大腸ポリープができる原因については、いまだ詳しいことはわかっていません。
遺伝的にポリープができやすい体質であること、あるいは、大腸の粘膜に何らかの日常的な負荷がかかったため、などが考えられます。
負荷の内容としては、暴飲暴食やアルコールの過剰あるいは日常的な摂取、便秘や下痢などを繰り返している──などが挙げられます。

大腸ポリープの切除はどんな手術?

大腸ポリープの切除は、主に内視鏡手術によって行われます。
近年では、大腸の内視鏡検査でポリープが見つかった場合、その場で手術が実施されることが一般的です。

小さいポリープの場合は、鉗子でつまみ、電流を流して切除します。
大きいポリープの場合は、「スネア」と呼ばれる輪っか状の器具でポリープの根元を締め、電流を流して切除します。

大きいポリープを切除した際、出血が生じることがあります。
その場合は金属製のクリップで傷口を摘み、出血を止めます。
このクリップは時間経過によりはずれ、便とともに排泄されます。

手術時間は、20~30分ほどが一般的です。

大腸ポリープ切除の痛みはどれくらい?

大腸の粘膜には痛みを感じる神経がないため、ポリープの切除の際に「痛い」と感じることはありません。
しかし、大きなポリープを切除する際に、内視鏡を引っ張ったりねじったりするため、その動きに不快感を覚える可能性はあります。

ただ、内視鏡を大腸に挿入する際には鎮静剤の注射や点滴が行われるため、そういった不快感あるいは不安感なども、ある程度コントロールすることが可能です。

大腸ポリープの切除手術は入院が必要?日帰りは可能?

近年、大腸ポリープの切除を日帰り手術で行っている医療機関が増加しています。
日帰り手術には、入院などの時間的・身体的拘束を回避できるほか、医療費を安く済ませることができるなど、数々のメリットがあります。

しかし、すべての大腸ポリープの切除手術のケースで、日帰り手術が可能となるわけではありません。
手術を受ける人の年齢や健康状態、ポリープの数や大きさなどによって、日帰り手術が不適当とされる場合もあります。

その場合は、1~2泊程度の入院をして、万全の態勢で手術に臨むことになります。

大腸ポリープ切除後の注意点は?

大腸ポリープ切除後の食事について

大腸ポリープ切除後の食事は、まずなによりも腸に負担をかけない食べ物を選ぶことが大切です。

特に大腸ポリープ切除後3日ほどは、おかゆ、うどん、食パン、豆腐、白身魚など、消化の良い、胃腸に優しい食べ物を選んで食事をしてください。
3日を過ぎたのちは、徐々に通常食に戻していきますが、揚げ物などの油っこい食べ物や、唐辛子などの刺激の強い香辛料を用いた料理は、術後一週間ほどは控えてください。

また、大腸ポリープ切除後、一週間程度は飲酒──アルコール類の摂取は厳禁です。

●食べてよい食品
うどん・ごはん、絹ごし豆腐、卵・乳製品、食パン、白身魚、など(胚芽パンやライ麦パンはやめて下さい)
●避けていただきたい食品
果物、茸類、海藻類、野菜、豆類、こんにゃく、玄米、ラーメン・そばなど繊維の多い食品や消化の悪い食品アルコール・香辛料など刺激の強い食品

検査後の注意点 – お茶の水駿河台クリニック

大腸ポリープ切除後の仕事復帰について

大腸ポリープの切除は内視鏡手術により行われるため、身体の負担はそれほど大きくはありませんが、内臓を傷つけている以上、しっかりと身体を休める必要があります。

術後は3日ほど会社や学校をお休みし、安静にしていることが推奨されます。
その後は体調と相談をしながら、タイミングを見て仕事や学業に復帰することになりますが、肉体労働をされている方は、その仕事内容に応じて、安静にする期間を多めに見積もることが必要です。

大腸ポリープ切除後の運動について

大腸ポリープ切除後は、傷口から出血を起こしやすい状態となりますので、術後3日ほどは、極力身体を動かすことを控えることが大切です。

血行が活発になる運動やスポーツなどを行う場合は、少なくとも1週間は身体を安静にし、その後に少しずつ身体を慣らしていってください。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする