目がぼやける!両目あるいは片目だけ視界がぼやける症状の対処法|頭痛が伴うのは病気?原因は?

「なんだか最近、目がぼやける・・・」

そのような経験は、恐らく誰しも一度は経験したことがあるでしょう。

目がかすむ、視界がぼやける等の現象は、「疲れ目」などの一過性のものもあれば、白内障緑内障などの、早急に医師の診断を受けねばならない病気が原因であることもあります。

この記事では、目がかすむ、視界がぼやける等の現象を引き起こす病気や、その対処法ついて、詳しく解説をしたいと思います。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

目がぼやける原因その1:眼精疲労

目に疲労が溜まり、視界がぼやける、目がかすむといった症状があらわれる状態を、「眼精疲労」と呼びます。

眼精疲労の主な症状は次のようなものです。

・目がぼやける。
・目の奥が痛い(ズキズキする)。
・目が充血する。
・頭痛や肩こり、吐き気。
・イライラや鬱症状。

眼精疲労に陥る原因と対処法

近年では、ビデオゲーム、パソコン、スマートフォンなど、目を酷使する要因は、仕事でも娯楽でも事欠きません。
このような、ディスプレイ画面を長時間眺めることによる眼精疲労を「VDT症候群」と呼びます。
※VDT・・・Visual Display Terminal

眼精疲労の原因が、VDT症候群などの「目の酷使」にあると考えられる場合は、次のような点に留意し、目の疲労や刺激を和らげることが大切です。

・目を使う作業は長時間連続して行わず、適度に休憩を挟む。
・ディスプレイを眺める際は、適切な距離をとり、正しい姿勢をとる。
・ディスプレイの輝度を下げる。
・十分な睡眠をとり、目を休ませる。

また、視力の低下などにより、使用しているメガネやコンタクトレンズが目に合わなくなってしまった場合にも、眼精疲労が生じやすくなります。
メガネやコンタクトレンズをしている方は、まずは精密な度数調整を行うことをおすすめします。

なお、白内障や緑内障などの疾患の初期症状として、眼精疲労があらわれるケースもあります。
眼精疲労の症状が長引く場合は、「ただの疲れ目だろう」と放置せず、一度は眼科医の診察を受けるべきです。

眼精疲労は通常、両目ともに症状があらわれるケースが多いのですが、視力差がある場合は、視力の良い方の目のみが眼精疲労を起こすことも珍しくありません。

目がぼやける原因その2:ドライアイ

通常、私たちの目は一定量の「涙液」に覆われており、この涙液が、外部からの刺激から角膜を保護してくれています。
この涙液の分泌量が、何らかの要因により低下してしまった状態が、ドライアイです。

ドライアイは、次に示すような様々な症状を引き起こします。

・目が乾く。
・目がかすむ、視界がぼやける。
・目がかゆい。
・目がゴロゴロする。
・頻繁に目が充血する。
・光を眩しく感じる。

ドライアイの対処法は?

ドライアイの症状が長引くと、角膜がダメージを受け、視力低下などの障害が発生する可能性もあります。
前述したドライアイの症状を自覚した場合は、早めに眼科医の診断を受けるようにしましょう。

ドライアイの治療法としては、人工涙液の処方が一般的です。
そのほかには、「涙点」と呼ばれる涙の出口を一時的に塞いで、目の潤いを保つ治療法があります。

ドライアイは、空気が乾燥する冬場などに、特に起こりやすくなります。
冬場は加湿器などを用いて部屋の湿度を上げ、エアコンやストーブの温風が直接、顔にあてないように心掛けてください。

目がぼやける原因その3:コンタクトレンズ

メガネを装着する煩わしさから解放してくれるコンタクトレンズ。
しかし、コンタクトレンズの不適切な利用法は、次に示すような様々な問題を引き起こす可能性があります。

・コンタクトレンズの付け外しの際に、角膜を傷つけてしまう。
・不衛生な環境下でコンタクトレンズを装着し、角膜に細菌などの微生物を付着させてしまう。
・長時間の装着により、角膜に酸素が供給されず、浮腫などの障害が発生する。

上記のような問題が起こると、視力の低下や、目がかすむ、視界がぼやける、目が痛いなどの症状があらわれる恐れがあるほか、症状が悪化すると、視力障害などを引き起こすこともあります。

コンタクトレンズを常用している方で、上記のような症状があらわれている方は、早急に眼科医の診断を受けるとともに、コンタクトレンズの使用法やケアに問題がないか、相談をしてみることをおすすめします。

目がぼやける原因その4:緑内障

緑内障は、眼球内の眼圧が高まり、視神経に悪影響を及ぼす病気です。
疲れ目や、目がかすむ、視界がぼやける、視力低下、視野欠損や視野狭窄といった症状があらわれます。

緑内障は、急性緑内障慢性緑内障に大別されます。

急性緑内障では、激しい頭痛や吐き気を伴って、視野欠損や視野狭窄があらわれます。
ただちに適切な処置が行われない場合、短期間で失明することもあります。

慢性緑内障では、前述の症状が非常にゆっくりと進行するため、本人に自覚症状が生じにくいことが特徴です。
視野欠損や視野狭窄が自覚できるほどに進行してしまったときには、眼圧により視神経が深刻なダメージを受けてしまっていることが少なくありません。
視神経は再生することがない組織ですので、緑内障は早期発見・早期治療が何よりも大切です。

日本では、40代以降の人のうち、5%が緑内障を発症していると言われています。
40歳を過ぎたら、定期的に眼科医の診察を受けることが、緑内障への備えとして効果的です。

なお、緑内障は片目だけに発症することも多く、その場合、健常なもう片方の目で無意識に視力障害を補おうとするため、異常の察知が遅れがちになります。

目がぼやける原因その5:網膜症

網膜症は、糖尿病の三大合併症の一つとして、広く知られています。
網膜に分布している毛細血管が、糖尿病や高血圧などの影響で詰まるなどし、障害を起こす病気です。

視界が歪んだり、目がぼやけるなどの症状があらわれ、症状が進行すると失明に至ることもあります。
自覚症状があらわれにくく、視力の低下を感じたときには末期状態、ということも少なくありません。

早期発見がなによりも大切ですので、糖尿病や高血圧を患っている方は、定期的に眼底検査を受けることをおすすめします。
特に糖尿病を患っている方は、内科だけではなく眼科にも「かかりつけの医師」を持つことが大切です。

目がぼやける原因その6:白内障

白内障は、目の水晶体という組織が混濁し、次に示すような様々な障害を引き起こす病気です。

・視界がぼやける。
・視力が低下する。
・物が二重に見える。
・眩しさを感じることが多くなる。
・メガネやコンタクトレンズの度数調整をいくらしても、ピントが合わない。

50代以降での発症が特に多いことで知られており、曇りガラスを通して物を見ているような、ぼやけた視界となることが特徴です。
症状が進行すると、失明に至ることもあります。

症状が軽度であれば、目薬により病気の進行をある程度遅らせることが可能ですが、完治は望めません。
病気が進行し、症状が中等度、あるいは重度に至った場合は、手術が検討されることになります。

手術の内容は、白内障により濁ってしまった水晶体を取り除き、代わりに人工のレンズを挿入するというもので、ケースによっては日帰り手術も可能です。

なお、この人工レンズには、基本的にピントを調節する機能がありません。
そのため、ピントを近くに合わせたレンズか、遠くに合わせたレンズ、どちらか片方を生活習慣に合わせて選択することになります。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする