血圧の正常値は?いくつだと高血圧・低血圧?基準となる数値と症状について

生活習慣病への関心や、ヘルスケアへの意識が高まっている昨今。
健康診断などによって判明した自分の血圧が気にかかる、という人も少なくないでしょう。

血圧の問題というと、一般的には「高血圧」に悩む人が多いと言われます。
しかし最近では、ダイエットや菜食志向ブームのためか、若者を中心に「低血圧」の兆候を示す人も増えているようです。

さて、この高血圧と低血圧ですが、それぞれ「基準値」となる値はいくつなのでしょうか?
どの程度の範囲であれば、「正常値」と言えるのでしょうか?

実は、こうした血圧の基準値については、統一見解があるわけではありません。

医療界に影響力のある各学会が、独自のその値を算出して、ガイドラインとして定めているのです。

今回は、その中でもメジャーな指標の一つである、「日本高血圧学会」が発表したガイドラインをご紹介しましょう。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

血圧の正常値・高血圧の基準値を示すガイドライン

日本高血圧学会が発表した「高血圧治療ガイドライン2014」に掲載されている、「血圧の正常値(基準値)」は、次の通りです。
※値の単位である「mmHg」の読み方は、「ミリメートルエッチジー」あるいは「水銀柱ミリメートル」です。

正常値血圧の基準値

最高血圧・・・120~129mmHg未満
最低血圧・・・80~84mmHg未満

上記の基準値を下回るようであれば、「低血圧」ということになります。
基準値を「わずかに」超える程度であれば、「正常高値血圧(せいじょうこうちけつあつ)」と判定されます。
正常高値血圧は、「高血圧ギリギリの数値なので、要注意」という指標です。

正常高値血圧の範囲は次の通りです。

正常高値血圧の基準値

最高血圧・・・130~139mmHg
最低血圧・・・85~89mmHg

上記の「正常高値血圧の上限」を超えてしまった場合は、「高血圧」と判定されることになります。
日本高血圧学会のガイドラインでは、高血圧は次の3段階に区分けされます。

I度高血圧

最高血圧・・・140~159mmHg
最低血圧・・・90~99mmHg

Ⅱ度高血圧

最高血圧・・・160~179mmHg
最低血圧・・・100~109mmHg

Ⅲ度高血圧

最高血圧・・・180mmHg以上
最低血圧・・・110mmHg以上

「I度~Ⅲ度高血圧」と判定された場合のリスクとは

正常高値血圧の範囲を超えた血圧、すなわち「I度~Ⅲ度高血圧」と判定された場合は、様々な病気の発症リスクを抱えることになります。

高血圧は、血流に関係する様々な病気の原因となります。
代表的なものには、脳梗塞、心不全、動脈硬化、心筋梗塞などの、命に関わる病気が多数あります。

その他にも、血液を濾過する働きのある腎臓にも、腎硬化症腎不全といった、重篤な病気のリスクが発生します。
こうした病気を発症し、腎臓の機能低下が進むと、人工透析などの治療が必要になります。

次に、「I度~Ⅲ度の高血圧」が示すリスクに、それぞれどのような違いがあるのかを見ていきましょう。

Ⅲ度高血圧のリスクについて

Ⅲ度高血圧の危険度は「高リスク」に分類されます。

「高リスク」とは、いつ上記の重篤な病気を発症してもおかしくない状態であり、一刻も早く医師の診断を受け、薬物療法(降圧薬治療)を開始しなくてはならない、とする指標です。
生活習慣についても徹底した改善が必要とされます。

Ⅱ度高血圧のリスクについて

危険度は「中等リスク~高リスク」に分類されます。

「中等リスク」とは、一か月以内の指導で血圧が正常値範囲に戻らないようであれば、降圧薬治療が必要とされる指標です。

後述する「危険因子」に該当しない場合は、「中等リスク」、1個以上該当する場合は、「高リスク」です。
また、メタボリックシンドロームの該当者は「高リスク」となります。

I度高血圧のリスクについて

危険度は「低リスク~高リスク」に分類されます。

「低リスク」とは、三か月以内の指導で血圧が正常値範囲に戻らないようであれば、降圧薬治療が必要とされる状態です。

後述する「危険因子」に該当しない場合は、「低リスク」、1個以上該当する場合は、「中等リスク」です。
また、メタボリックシンドロームの該当者は「中等リスク」となります。

「危険因子」に3つ以上該当する場合は「高リスク」です。
また、糖尿病、慢性腎不全(CKD)、臓器障害/心血管病のいずれかに該当する場合も「高リスク」です。

危険因子

「高血圧治療ガイドライン2014」に掲載されている、「心血管病の危険因子」は次の通りです(一部抜粋)。
高血圧のリスクは、血圧の値に加えて、これらの危険因子を考慮して判定されることになります。

・高齢(65歳以上)
・喫煙習慣
・脂質異常病(LDLコレステロールの値が正常値範囲でない、など)
・肥満
・メタボリックシンドローム
・心血管病の家族歴(50歳未満に発症したもの)
・糖尿病

正常高値血圧のリスクについて

正常高値血圧の場合は通常、治療の対象とはなりません。
しかし、いつ高血圧に至ってもおかしくない状態ですので、生活習慣には留意する必要があります。

医療機関ではなく、家庭(自宅)で血圧を測定する際の注意点について

血圧が正常値でない場合、血圧を測定する機械を購入し、日ごろから血圧をチェックすることをおすすめします。

ただし、現在の一般家庭用の血圧測定機は、安価で性能が良いものも多いのですが、やはり医療機関にて使用するものと比べると、若干精度は劣ると考えたほうが無難です。
そのため、自宅での血圧測定を行った際は、その結果に「5㎜Hg」ほどプラスすると、医療機関による測定値に近くなると言われています。

また、一回の測定だけではなく、複数回の測定を行い、その平均値をとると、より正確な値を算出することができるでしょう。

その他の注意点としては・・・
・腕をテーブルに置くなどして、測定箇所と心臓の高さを同程度にして測定する。
・毎日血圧を図る場合は、測定時間を同じにする。
などがあります。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする