アミラーゼQ&A:値が基準値よりも高い・低いときの対処法|血清・尿アミラーゼの高値・低値が示す各種病気について

健康診断の血液検査で、「アミラーゼ」が基準値よりも「高い」あるい「低い」という結果が出た──。

なにやら、問題があることはわかる。
しかし「アミラーゼ」とは一体なんだ──。

アミラーゼの値に異常がある、そんな診断結果を目にした人が最初に思い浮かべるのは、前述のような疑問ではないでしょうか。

アミラーゼが高い・低いとき、どういった問題が生じるのでしょうか?
アミラーゼの値を正常値に戻すためには、日常生活において、どんなことに気をつければ良いのでしょうか?
そもそも、アミラーゼとは何でしょうか?

この記事では、これらの疑問に対する詳細な解説を行いたいと思います。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

アミラーゼとは

アミラーゼとは、主に膵臓(すいぞう)、唾液腺、耳下腺から分泌される消化酵素です。

膵臓や唾液腺、耳下腺が病気などの影響でダメージを受けると、これらの器官から分泌されるアミラーゼが血液中に流出します。
その結果として、血液検査や尿検査にて、アミラーゼが「高値」を示すことになるわけです。

検査によりアミラーゼの値が高いとされた場合、次の病気を発症している可能性が生じます。

・急性膵炎
・慢性膵炎
・膵臓癌
・腎不全
・唾液腺炎
・耳下腺炎(おたふく風邪)

特に「慢性膵炎」は、アミラーゼの値が高い人が発症する、典型的な病気の一つです。

逆に、アミラーゼの数値が低い(低値)とされた場合、次の病気を発症している可能性が生じます。

・慢性膵炎
・肝炎
・肝硬変
・シェーグレン症候群
・高度糖尿病

アミラーゼの基準値とは:いくつなら正常値?

アミラーゼの基準値(正常値範囲)は、検査を行う機関によって、バラつきがあります。

いくつか、基準値の例を見てみましょう。

血清アミラーゼの基準値:

A病院の基準値・・・30~180 Iu/l
B病院の基準値・・・31~117 Iu/l
C病院の基準値・・・37~125 Iu/l

※「血清アミラーゼ」とは、血液検査により測定される値です。
※アミラーゼの検査結果に、男女の性別差はありません。

上記の値を見ると、正常値の下限については30~37と、それほど大きなブレはありませんが、上限については117~180と、かなりの幅があります。
こうした基準値のブレは、「血液検査を行う機関が採用している検査手法や検査キット」などによって発生します。

このため、一概に「アミラーゼの基準値(正常値)はいくつ」と断言することは難しいものがあります。
「検査を行った機関の診断結果に掲載されている基準値」を目安とすることが、もっとも無難と言えるでしょう。

なお、上記の基準値の単位である「Iu/l」の読み方は、「インターナショナル・ユニット/リットル」です。
「Iu/l」の I は、「国際単位」であることを示すものです。

アミラーゼの単位には、この他にも「u/l」(ユニット/リットル)が用いられることもあります。

血清アミラーゼと尿アミラーゼ

アミラーゼの検査方法には、血液検査と尿検査の二種類があります。
血液検査により測定されるものは「血清アミラーゼ」、尿検査により測定されるものは「尿アミラーゼ」と呼ばれます。

血清アミラーゼの基準値は、前述の通りです。

尿アミラーゼの基準値は、血清アミラーゼよりも、値が大きくなることが特徴です。
なお、尿アミラーゼの基準値も、血清アミラーゼと同様に検査機関によってバラつきがあります。

尿アミラーゼの基準値の例

100~800 Iu/l

なお、アミラーゼの検査結果は、精神的なストレスや身体的な疲労の度合いなどでも変化するため、基準値を多少超えた程度であれば、それほど大きな問題とは見なさないことも少なくありません。

アミラーゼが「高い」と言われたときにすべきこと

アミラーゼが高値を示すということは、膵臓、唾液腺、耳下腺のいずれかがダメージを受けている可能性が高い、ということです。
このうち、最も障害が起こりやすく、身体に及ぼす影響が深刻になりやすい器官が、膵臓であると言われています。

よって、アミラーゼが「高い」という検査結果が出た場合、まずすべきことは、膵炎や膵臓癌などの膵臓の病気を発症していないか、十分に検査をすることです。

膵炎や膵臓癌の検査としては、腹部エコーやCT、MRIなどが一般的です。
しかし膵臓は、障害が軽度であるうちは、こうした検査を行っても異常を検出しにくい性質を持つ臓器です。

そのため、本人は膵炎などの症状を自覚しているのにも関わらず、腹部エコーやCT、MRIなどの検査を行っても「異常なし」とされ、本人も周囲も困惑してしまう──というケースが少なくありません。

これは逆に言えば、検査で異常が見つからなかったとしても、安心はできない──ということになります。

アミラーゼが高いと診断された場合は、こうしたことも念頭に置いて、定期的に膵臓の検査を受けることをおすすめします。

アミラーゼが高い人が、日常生活において気をつけるべきことは?

アミラーゼが高いと言われた人が、日常生活において気をつけなければならないことは、まず第一に「暴飲暴食を避けること」です。

アミラーゼが高値を示す人の中には「慢性膵炎」を発症している人が少なくありませんが、この慢性膵炎の原因の70%は、「アルコールの過剰摂取」と言われています。

また、脂質の多い食べ物を大量に摂取することも、膵臓に負担をかける行為となります。

アミラーゼの値が高い人は、ふだんの食生活を改善するとともに、医師の指導に従ってライフスタイル全体の見直しが必要とされます。

アミラーゼが「低い」と言われたときにすべきこと

アミラーゼが「低い」という検査結果が出た場合、慢性膵炎や肝炎、肝硬変、あるいは高度糖尿病などを発症している疑いが生じます。

上述の、「アミラーゼが高いと言われたとき」と同様に、腹部エコーやCT、MRIなどの各種検査を受け、アミラーゼが低値となる原因を突き止める必要があります。

また、過剰なダイエットなどに取り組んでいる若い女性や、極端に食の細い人などは、栄養不足に陥りがちで、結果として膵臓の機能が低下し、アミラーゼが低値を示すこともあります。

アミラーゼが低い人が、日常生活において気をつけるべきことは?

何らかの病気の影響でアミラーゼの値が低値を示している場合は、その病気の治療が必要とされます。

しかし、検査をしても病変が見つからず、自覚症状もないという場合は、心身の疲労や栄養不足によって、膵臓の機能が低下していることが考えられます。
そのような場合は、次のことを心掛け、膵臓の機能を活性化させるとともに、定期的な検査を行ってください。

・精神的なストレスを減らす。
・身体的な疲労が溜まらないようにする。
・適度な運動を心掛ける。
・栄養のある食べ物を積極的に摂取する。

Q&A

アミラーゼって、どんな働きがあるの?

アミラーゼは「消化酵素」の一種で、主に膵臓や唾液腺にて分泌されており、炭水化物(デンプン)を分解する働きがあります。

私たちが食べ物を口にするとき、まず唾液腺からアミラーゼが分泌され、口の中の炭水化物をある程度分解し、消化しやすい状態にします。
その後、食べ物が胃に送られて消化され、消化物が十二指腸へと運ばれると、膵臓がアミラーゼを分泌します。
膵臓から分泌されたアミラーゼは、十二指腸へと送り込まれ、消化物に含まれる炭水化物をさらに分解します。
※十二指腸は、胃と繋がる消化器官であり、小腸の一部です。

膵臓って、どんな役割があるの?

膵臓は膵液(すい液)と呼ばれる消化酵素を分泌して十二指腸に送り込み、胃で消化した食べ物をさらに分解する役割を担っています。

この膵液には、前述の「アミラーゼ」の他にも、「トリプシン」や「リパーゼ」などの消化酵素が含まれます。
アミラーゼは炭水化物を、トリプシンはタンパク質を、リパーゼは脂質を分解する働きがあります。

また、膵臓には、血液中の血糖値を下げる作用を持つホルモン、「インスリン」を分泌する働きもあります。
膵臓の機能が低下し、このインスリンの分泌量が少なくなると、糖尿病の発症の原因ともなります。

なお、膵臓は「胃の裏側」のあたりに位置する臓器であり、長さ20cmほどの細長い形をしています。

すい液は、十二指腸でさまざまな栄養を分解したり、胃液で酸性になった食べ物を中和するはたらきをしています。 弱アルカリ性の透明(とうめい)な液体で、1日に約500~800ml分泌されているといわれています。

すい液のはたらき – 中外製薬

コーヒーを飲むと膵癌になりやすいって本当?

過去に、「コーヒーを愛飲する人は膵癌になりやすい」という研究報告が発表されたことがあります。
しかし現在では逆に、「コーヒーには膵癌を予防する働きがある」とする説が主流のようです。
産業医科大学消化器・代謝内科の大槻眞氏は、この件について、次のように述べています。

25年ほど前にコーヒー飲用により膵がんの危険率が上昇することが報告されましたが,コーヒー愛飲家は喫煙者であることも多く,喫煙が膵がんの危険率を上昇させ,見かけ上コーヒー摂取が膵がんの危険率を上昇させるという誤った関連を観察していたと,結論されています.我が国の疫学調査では,1日3杯未満のコーヒー飲用は膵がん死亡の危険率を下げる事が示されています.

日本消化器病学会 九州支部第43回市民公開講座

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする